楽天カードで現金化すると利用停止になる話【真偽】

 

この記事では楽天カードで現金化すると利用停止になるウワサの真偽について解説しています。

 

クレジットカード現金化はショッピング利用限度額の一部を換金して現金を工面する金策ですが、楽天カードでこの現金化をすると利用停止になるのでしょうか。

楽天カードで現金化を検討中の方は気になるだろう。

結論から言えば、楽天カードで現金化を行えば利用停止になる可能性はあります。

ところが利用停止になるのは楽天カード現金化の仕組みや正しい方法を知らない場合のみです。今回は気になる楽天カードでの現金化方法について解説していきます。

対処方法も解説するので、楽天カードで現金化して利用停止となってしまった方も必見だよ!

楽天カードで現金化すると利用停止になる?

楽天カードで現金化して利用停止になったという報告例はありませんが「楽天カードで現金化をしていたら“現金化は禁止です”という注意喚起メールが届いた」という事例はありました。

実際問題、楽天カードはこうした現金化にも「寛容」といわれているね。

楽天カードは知名度が高く、発行数も多いので、すべての会員のカード利用履歴を監視し、特定の会員の現金化行為を識別するのは難しいためだろう。

それでは楽天カードで現金化するとどのような過程で利用停止になるのか、その過程を見ていきましょう。

ネット上で語られるクレジットカード現金化の「問題点」が心配な方は以下の記事も同時にチェックしておこう

楽天カードの現金化で利用停止になる仕組み

楽天カードの現金化で利用停止になる原因はクレジットカードの現金化が楽天カード利用規約上の「規約違反行為」に該当するためです。

会員は、現金化を目的として商品・サービス等の購入等にクレジットカードご利用可能枠を利用することはできないものとします。

引用元:楽天カード「カード会員規約」

このように実際に楽天カードの会員規約上でも望ましくない行為と定められていることが分かります。規約違反行為の制裁としてカードを止められているわけですね。

ところが、察しのよい方ならばお気づきだとは思いますが、カード会社は加盟店からの「商品の購入履歴」しか伝わってこないので、購入した商品を売ったかどうか(現金化したか否か)を知る由がありません。

つまり、楽天カードのようなカード会社が「会員が確実に現金化した」と知る方法はないのだ。

それでもクレジットカード現金化がバレて利用停止になる。その理由はカード会社が購入履歴から「現金化する人」の傾向をつかんでいるためとされているよ

カード会社は会員のカード利用履歴からある程度クレジットカード現金化行為を割り出せるとされます。

実際にそのような会員の利用履歴を監視するプログラムの「推測モデル」や社員の目視による「査定業務」があることは知られており、こうした監視体制によって楽天カードの現金化も割り出されていると思われます。

楽天カードは購入履歴から会員のクレジットカード現金化行為を「推定」しているわけだな。

詳しくは以下の記事もご覧ください。

楽天カードの現金化するとどうなる?利用停止だけ?

楽天カードで現金化を行うと利用停止以外にも以下のような措置を行うとされています。

1.会員が(中略)換金目的とした商品購入の疑いがある等不適当又は不審があると当社が認めた場合(中略)当社は会員に通知することなく次の措置をとることができるものとします。

(1)カードの利用断り。
(2)カードの利用停止(カードショッピングの全部又は一部の利用停止、カードキャッシングの全部又は一部の利用停止及びカード付帯サービス・機能の全部又は一部の利用停止を含む)。
(3)加盟店等に対する当該カードの無効通知。
(3)当社が必要と認めた法的措置。

引用元:楽天カード会員規約「第19条(カード利用の停止、会員資格取消し)」

この利用規約があるので楽天カードで現金化を行うと利用停止になる可能性があると言えるわけですね。

カード利用停止の他、カード利用の断り(「取り扱い不可」といった通知が届くものか)やキャッシング機能などの停止、そしてカード利用可能店舗への該当カード番号の無効通知などがありますね。

いずれにせよ「カードが使えなくなること」に間違いはありません。

また、楽天カードの場合は以下のように会員資格の取消の可能性もあるとのことです。

3.当社は、会員が次の各号のいずれかの事由に該当した又は当社が該当したと判断した場合、会員資格を取消すことができ、加盟店等に当該カードの無効を通知又は登録することがあります。
(中略)
(5)換金目的でカードを利用する等カードの利用状況が適当でないと当社が認めた場合。
(中略)
4.前項の場合、会員は(中略)本規約に定める支払期限にかかわらず、直ちに当社に対する未払債務を支払うものとします。また、当社がカードの回収に要した一切の費用も会員が負担するものとします。

引用元:楽天カード会員規約「第19条(カード利用の停止、会員資格取消し)」

クレジットカード現金化が会員資格取消の条件の1つとして挙げられていることが分かりますね。

楽天カード現金化を行うと利用停止だけではなく、会員資格を取り消されてしまう可能性もあるんだね・・・。

また、問題はそれだけではなく、第4項には「残債の一括請求」についても記載があります

つまり、規約違反の強制的な退会となるので、その時点でカード会社に支払っていない利用代金(延滞分も含めて)が一括で請求してくる、ということになりますね。

以下の記事では一括請求の回避方法について解説するゾ。

また、楽天カード現金化で強制退会となれば信用情報に傷が付く可能性もあります。

信用情報に傷が付けば、金融サービスの利用、特に審査の段階で悪影響を及ぼすので、ローンが組みにくくなるだろう。

信用情報に傷を付きにくくする現金化の方法はこちら!

楽天カードの現金化で利用停止を防ぐ対処法

さて楽天カードでは会員のカード利用履歴の監視によってある程度現金化行為を推測可能であり、問題のある利用者には利用停止などの制裁措置を加えるとしました。

しかしながら、実際に現金化で楽天カードが利用停止となった報告例は確認できた限りでは存在していませんでした。

規約上で規制はあるけど、取り締まりの度合はそれほど厳しくないのかも知れないね。

それでも楽天カードの現金化は規約違反に違いはありません。楽天カードでのクレジットカード現金化を定期的に行う場合、発覚した場合の対処方法を覚えておくようにしましょう。

  • 楽天カード利用明細のダウンロードと利用履歴に対する購入意図の準備
  • 楽天カードに直接連絡を取り、カード利用停止の理由の説明と利用停止解除の申請。楽天カード側がカード利用について怪しんでいる場合は購入意図の説明を行い「正常な利用だった」と説得する

カード会社は商品を換金した所までは追えないので、会員に直接連絡を取り「クレジットカード現金化をしたかどうか」尋ねて来ます。

直接クレジットカード現金化をしたか聞くとは考えづらい。恐らくは「誘導尋問」のような形式であぶり出しを行うものとされる。

なので利用停止を回避するためには「クレジットカード現金化」という用語を使わずに、「すべての取引は正常な取引であった」購入意図の説明をする必要があります

そのためには、購入意図の説明の準備が必要というわけですね

利用停止にならない楽天カード現金化方法4つ【専門家直伝】

利用停止にならない楽天カードの利用方法には以下のような物が考えられます。

  • 1:「延滞」は絶対に行わず、換金した楽天カードのショッピング利用枠分は引落日までに必ず用意する。
  • 2:普段から楽天カードを頻繁に利用する(クレジットカード現金化以外の正常な取引を多くする)。
  • 3:Amazonギフト券や新幹線回数券などの金券類の楽天カード決済購入を避ける
  • 4:金券類他、ブランドアイテムや貴金属類、家電製品など、換金性の高い商品の短期間連続購入・大量購入を避ける

利用停止にならないクレジットカード現金化のためには「延滞」を行わないことが条件です。

延滞をしている方は利用履歴の査定業務(監視)を受けやすくなるので、他の会員よりもクレジットカード現金化が発覚しやすくなります。

また、「楽天カードは現金化のためにしか使わなくなった」などカードの使い方が変わった方もカード会社に目を付けられやすいそうです。

普段から楽天カードを頻繁に利用し、良いクレヒスを積むことに専念した方が良いね!

さらに、Amazonギフト券や新幹線回数券などの金券類のカード決済購入も後で売られる可能性が高い商品と識別され、自動的にカードを利用停止にされてしまう可能性があります。

楽天カードのように会員が多ければ目視よりもプログラムを頼ると思われますので、楽天カードを現金化する際には、こうした金券類によるクレジットカード現金化も控えめにした方が良いでしょう

また、これは「換金性の高い商品」にも同じ事が言えます。

金券類他、ブランドアイテムや貴金属類、家電製品など、換金性の高い商品を短期間で連続購入する行為、一度に大量購入を避けるようにしましょう。

楽天カードに怪しまれない金額や後で返せる金額を明らかにするためにも、クレジットカード現金化する金額はしっかりと決めておいた方が良さそうだね。

まとめ:楽天カードの現金化は安全?

今回は楽天カードで利用停止になる可能性についても解説してきました。報告例はありませんが、規約上は楽天カードの現金化で利用停止になる可能性があることもわかりましたね。

安全に楽天カードを現金化するためにも、この記事で紹介した対処法と楽天カードの利用停止を避けるクレジットカード現金化の方法を念頭に置き、楽天カードの現金化をすることおすすめします。

楽天カードの現金化にはクレジットカード現金化サービス!このサービスなら決済代行業者と提携しているのでカード会社に直接カード利用履歴が伝わりにくく、カードを止められにくい!

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました