クレジットカード現金化で信用情報に悪影響が出る話【真偽】

 

この記事ではクレジットカード現金化をすることによって信用情報に悪影響が出るか否かについて解説しています。

 

クレジットカード現金化は現金不足の時に使える審査不要の現金調達方法ですが、「信用情報に影響を及ぼす可能性がある」とどこかで聞いたことがあると思います。

せっかく現金を調達できても信用情報に傷が付いたりしたら今後のローンやクレジットカードの新規作成、賃貸などの「審査」が通らないなどの悪影響があるよね。

なんとしても信用情報への影響は避けたいところ。

そこでこの記事では信用情報に影響を与えないクレジットカード現金化の方法について解説していきますよ。

「信用情報」に関する基本的な知識を理解しておくとクレジットカード現金化で信用情報に影響を与えにくくなるゾ!ぜひ最後まで読み進めて欲しい!

クレジットカード現金化と信用情報の関係【基本】

まずは基本的な内容からです。クレジットカード現金化と信用情報の関係について押さえていきましょう。

ちなみにクレジットカード現金化は合法(違法ではない)だ!詳しくは以下の記事をチェック!

信用情報とは?信用情報が傷つく原因・影響

「信用情報」とは、その人個人の「支払い能力」を評価する情報のことです。

例えば、住所や職業などの個人情報や契約に関する情報、金融事故の有無など、その人が「ちゃんとお金を払える(返せる)人なのか」を評価できる情報となります。

具体的には、個人情報、金額などの契約内容、返済状況、金融事故、債務整理、申込などに関する情報が登録されているゾ。

この情報を記録する機関が3つあります。

  • 株式会社日本信用情報機構(通称:JICC)消費者金融と信販会社が主な会員
  • 株式会社シー・アイ・シー(通称:CIC)クレジットカード会社、信販会社が主な会員だが、銀行・消費者金融も多く加盟している
  • 全国銀行個人信用情報センター(通称:JBAまたはKSC):国内の「銀行」が主な会員。銀行系クレジットカード会社も加盟。

上記3機関は信用情報を扱うので「信用情報機関」と呼ばれ、加盟した会員(主に会社)から登録された情報の一元管理を行っています

割愛するけど、3つの機関はそれぞれ登録されている情報が微妙に違うよ。それでも情報が共有されているので他の信用情報機関の情報も参照できてしまうんだ。

3つの機関はFINE、CRINといった情報ネットワークを利用して相互に信用情報を共有しており、金融事故情報も共有されています。

銀行や消費者金融、信販会社などは新規契約の審査時に、信用情報機関の情報を照会しますので、金融事故があればローンを組めなかったり、カードの審査に通らなかったりする、ということになります。

クレジットカードも使い方を間違って金融事故を起こしてしまうと、信用情報機関に事故情報が登録されてしまうんだ。いわゆる「ブラックリスト」のことだね。

クレジットカード現金化で信用情報が傷つくワケ

クレジットカード現金化が直接的に信用情報を傷つけるわけではありません

信用情報機関では情報が登録される項目がありますが、その中に「クレジットカード現金化」といった項目は存在しているわけではないのです

クレジットカード現金化で信用情報が傷つくケースとしては以下のようなものが考えられます。

  • クレジットカード現金化がカード会社に発覚し「強制退会」措置を受ける
  • 強制退会措置を受けた上、カード利用時の残債の一括返済を求められ、支払いが長引いている(「延滞」)
  • クレジットカード現金化の経歴の有無に関わらず「延滞」を繰り返している

このうち「延滞」を行った場合、JICC、CIC、JBAの3つの信用情報機関に情報が登録されるので注意だ。

JICCに限り、「強制退会」を受けた場合にも情報が残るよ。

このようにクレジットカード現金化が直接的に影響しているわけではないことを覚えておきましょう。

クレジットカード現金化が信用情報機関に登録されているのではなく、間接的に起きた事故が登録されている。クレジットカード現金化をするのであれば、事故を起こさないような工夫が必要だ。

傷ついた信用情報(ブラックリスト入)は、5年で消える

傷ついた信用情報は一生残るわけではありません

信用情報は日常生活で切って離せない金融サービスの利用に大きな影響を与えるものであるほか、信用情報の内容は時間の経過で変化するため、正確性を保つために「期限」が設けられてあります。

信用情報機関や信用情報によって異なりますが、ほとんどが「5年」です。以下をご覧ください。

  • JICC:「強制退会」→発生日から5年、「延滞」→完済日から5年
  • CICとJBA:「延滞」→完済日から5年

延滞の場合は「完済時点」であることに注意!

クレジットカード現金化によって強制退会や延滞を行った場合、5年は情報が登録されることになります。

ですが、これは5年経てば情報が消えると言うことです。そのため、もしクレジットカード現金化で信用情報に傷が付いたとしても5年後には情報の登録が抹消されます。

クレジットカード現金化で強制退会を受けた方や延滞をした方は5年待つ、というのが対処方法だろう。

クレジットカード現金化で信用情報を傷つけない方法【対策】

クレジットカード現金化によって強制退会を受けた場合や延滞を繰り返していた場合、5年間情報が登録されることになります。

5年待てば情報は抹消されますが、信用情報が傷ついてからの対策では遅いです。クレジットカード現金化をするのであれば、日頃から以下のことに注意しておきましょう。

  • 対策1:利用代金・一括請求などにおいてカード会社への支払い延滞は絶対しない
  • 対策2:クレジットカード現金化を疑われない工夫をする(強制退会阻止)
  • 対策3:購入意図を説明するなどして、クレジットカードを止められない工夫をする(強制退会阻止)

まずは対策1ですが「延滞をしない」です。これは単純でありながら、資金難の方にとっては非常に難しいことであると思います。

ところが、延滞情報はすべての信用情報機関で明確に登録される上に、5年間信用情報機関に延滞の情報が残るのは今後の経済生活に大きな影響を及ぼすでしょう。

クレジットカード現金化をするのであれば、延滞せずに翌月に必ず支払える(準備できる)金額を換金するようにしましょう

続いて対策2ですが、クレジットカード現金化による強制退会はカード会社にクレジットカード現金化が疑われるところから始まります。

そのため、「疑われない工夫」が重要です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

最後の対策3は利用停止や強制退会など「制裁措置」を受けない工夫です。

カード会社への説明次第では、クレジットカード現金化の規約違反による制裁措置を止めることもできます。詳しい対策方法は以下の記事をチェックしておきましょう。

まとめ:疑われにくいクレジットカード現金化方法は・・・

今回はクレジットカード現金化による信用情報への傷の有無について解説してきましたが、クレジットカード現金化による信用情報機関への登録はありません。

ところが、クレジットカード現金化による間接的な信用情報への影響は十分に考えられます

そのため、この記事で紹介したように、日頃から延滞や強制退会にならない工夫が重要です。

クレジットカード現金化をするのであれば疑われにくい方法を選ぼう!クレジットカード現金化サービスなら決済代行業者を介しているのでクレジットカード現金化が発覚しにくいゾ!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました