クレジットカード現金化は「怖い」金策なのか【回答】

 

この記事ではクレジットカード現金化の怖さについて解説しています。

 

クレジットカード現金化が便利な金策であることと同時に「怖い」現金調達方法と聞いたことがあると思います。

クレジットカード現金化が怖い根本的な理由として、クレジットカード現金化がどのようなものなのか、その実態を知らないことが挙げられます。

そこで今回はクレジットカード現金化が怖い原因である不透明なクレジットカード現金化の実態についていくつか解説していきます。

クレジットカード現金化には専門家でも勘違いしがちな多くの間違いや根も葉もない噂がある。怖さを感じる原因はそういった情報の不透明さだろう。

怖いと感じると思うがこの記事を読んでその気持ちを払拭して欲しい

クレジットカード現金化が「怖い」と思う原因

クレジットカード現金化が怖いと思われがちな原因はいくつかありますが、主に以下の5点が多いようです。

  • 現金化の仕組みが分からない
  • 悪質なクレジットカード現金化サービス
  • 個人情報の漏洩
  • クレジットカード現金化による利用停止
  • 自己破産ができなくなる可能性が怖い

ほとんどのクレジットカード現金化が怖い原因が「クレジットカード現金化の実態を知らない」ところから来ていますね。

また、特に悪質なクレジットカード現金化サービスによる被害や個人情報の漏洩、クレジットカード現金化による利用停止、といったものは実際は「必ず起こりうることではない」というのが前提であることを覚えておきましょう。

リスクがあるだけで、必ずしも起こるわけではない。クレジットカード現金化のリスクが怖ければリスクを回避すればOK!その回避方法も紹介するゾ。

原因1:クレジットカード現金化の仕組みが分からず怖い

クレジットカード現金化の仕組みが理解できずに怖いという方は意外と多いです。

無意識に怖がっている方も多そうだな。

クレジットカード現金化の仕組みは単純で「カードのショッピング利用枠の換金」であり、換金したショッピング利用枠で現金不足を工面する、という金策です。

リサイクルショップで中古品を売るような感覚に近いだろう。

クレジットカード現金化の大まかな流れは以下の記事で解説しますが、クレジットカード決済(ショッピング利用)で購入した商品を換金するだけで現金が調達できます。

クレジットカード現金化の方法も理解できて怖さも少し軽減できただろう。ここからはクレジットカード現金化による「怖い」リスクについて解説するゾ。

原因2:悪質なクレジットカード現金化サービスが怖い

クレジットカード現金化の方法には様々なものがありますが、「クレジットカード現金化サービス」を利用する方法もあります。

この方法であれば、クレジットカード決済で購入する商品を自力で選んだり、買取業者を自力で選んだりすることもなく、業者の指示通りに商品をカード決済購入すれば即時入金の流れとなります。

クレジットカード現金化を専門としたサービスだね。

このクレジットカード現金化サービス、新規参入が容易で、クレジットカード現金化をサービスとする業者は多いです。

クレジットカード現金化サービスは融資や貸金ではない。
業者側も利用客に支払う現金さえ用意可能で、カード会社の加盟店になれれば良く、特に登録などは必要ないからね。
クレジットカード現金化をサービスとして提供しやすいんだ。

しかし、これが裏目に出て、闇金まがいな悪質な業者も参入しており、こうした業者による「換金代金の未振込」「換金レート詐欺」といった詐欺被害があるようです。

ただし、クレジットカード現金化サービスはカード決済業者と提携しており、カード会社に直接カード履歴が伝わりにくいため、クレジットカード現金化が疑われにくい手段となっています。

さらに、即日でショッピング利用枠を換金して現金を工面できるので「早く現金が欲しい」という場合にはおすすめの方法となります。

だから、詐欺に遭わずに「クレジットカード現金化サービス」を利用したいという方もいるはずだね。

クレジットカード現金化サービスを利用する上で詐欺に遭わない対策方法は以下の3つです。

  • 「悪質業者を見分け、優良業者を使う」
  • 「自力でクレジットカード現金化する(業者を使わない)」
  • 「Googleの検索結果上の情報は信用しない」

クレジットカード現金化サービスによる詐欺の実態と上記の具体的な対策内容は以下の記事で解説しますのでクレジットカード現金化サービスを使うのであれば必ずチェックしておきましょう。

原因3:個人情報の漏洩が怖い

こちらも悪質なクレジットカード現金化サービスを利用する際に起きる可能性があるとよく噂されているもので、実際に被害に遭い後悔される方もいるようです。

いくらクレジットカード現金化が最後の砦といえど、個人情報が漏洩するのは怖いだろう。

通常、クレジットカードを利用する際に利用店舗側に残る情報はカード番号やセキュリティコードです。

クレジットカード現金化サービスの場合、身分証の提示が求められることもありますが、これは古物営業法上提示が義務付けられているものとなっています。

ところが、悪質なクレジットカード現金化サービスが、必要以上の個人情報を求めてきて、(自分でよく考えずに)指示された通りに個人情報を与えてしまった、といった報告内容が多いです。

クレジットカードの暗証番号や免許証の提示だけで済むのにそれ以上の公的証明書の提示を求められた場合などは怪しむようにしよう。

不用意に個人情報を与えず、問われても必要以上の個人情報は与えないこと。

怖い思いをしないポイントは個人情報を与え過ぎないこと!仮に業者が怒鳴ってきたら「警察に通報する」と電話を切ろう。

原因4:クレジットカード現金化による利用停止が怖い

クレジットカード現金化は実は「利用停止」のリスクがあります

クレジットカード現金化は便利な金策で最後の砦のような方法ですが、カード会社の利用規約違反であるために、発覚次第カードを止められます。

ところが、これはあくまでも規約上の話であり、カード履歴から「購入履歴」しか監視できないカード会社が「クレジットカード現金化」を検出するのはとても難しいことです。

そのため、カード会社は直接カード会員に電話連絡を入れ、「利用履歴の確認」を行います。ここでクレジットカード現金化が発覚すると漏れなくカードを止められるわけですね。

クレジットカード現金化はカード会社側では推測でしかないのでいきなりはカードを利用停止にできないよ。

ただし、「毎月のように延滞している」「最近カードの用途が変わった」という方は怪しい利用履歴があるとカードを止められやすい。

クレジットカード現金化でカードと止められない対策・対処方法としては以下のようなものがあります。

  • 対処:クレジットカード現金化向きとされる商品(金券類、ブランドアイテム、家電製品など)は1週間から1ヵ月の短期間に連続・大量に購入しない
  • 対策:クレジットカード現金化を行ってカード会社に現金化を疑われた場合、そのような購入履歴となった自然な「購入意図」を弁明する

詳しくは以下の記事も確認してほしいのですが、上記のような対策をとることでクレジットカード現金化による利用停止を避けられるものと考えます。

これでクレジットカード現金化による利用停止に怖い思いはしないな!

原因5:クレジットカード現金化で自己破産ができなくなる可能性が怖い

クレジットカード現金化は法律上「自己破産」という「借金を免除してもらう」という公的な救済制度を受けられなくなる可能性があります

これもクレジットカード現金化を怖いと思う原因の1つだね。ただしつつましく生活し、破産とは無縁な方は関係ないので必要以上に恐れる必要はないよ。

自己破産ができなくなる理由は、自己破産を定める「破産法」にてクレジットカード現金化が「自己破産ができなくなる条件(免責不許可事由第2号)」として定められているためです。

他にも浪費やキャンブルを行っていた場合、債権者には支払いをしないのに家族や友人にだけ支払いをする場合なども自己破産できなくなる条件だ。

クレジットカード現金化をした以上、法律でそう定められているので対策のしようがありませんが、対策があるとすれば自己破産をしないような資金繰りを行うことでしょう

また、クレジットカード現金化をしたうえで自己破産を受ける場合、弁護士を立て、裁判所で「裁量免責」を受けるか、少額管財事件として自己破産の手続きを進めることになります。

結論としては、自己破産を受けられなくなる条件としてクレジットカード現金化があるものの、クレジットカード現金化をしても自己破産の手続きはできる、ということですね。

まとめ:クレジットカード現金化で怖い思いをしないために

クレジットカード現金化の「怖い」は解消できましたか?実態を把握できていればリスクも回避できることも分かりました。

また、クレジットカード現金化で怖い思いをしないためにも、先人の「失敗例」を学んでおくことは大切です。以下の記事でクレジットカード現金化には失敗もあることを知っておきましょう。

クレジットカード現金化は「現金化サービス」を利用することでも可能!詐欺や個人情報の漏洩リスクは怖いけど、優良業者を選べば問題なし!

[エーキャッシュ(準備中)]

コメント

タイトルとURLをコピーしました