クレジットカード現金化を疑われた【対処法のお手本】

 

この記事ではクレジットカード現金化で疑われた例について解説していきます。

 

クレジットカード現金化といえば審査必須の融資を利用しない、知る人ぞ知る便利な現金調達方法ですよね。

ネット上でこの方法を知り、試してみたい方もいると思いますが「カード会社に疑われた」という可能性を知り、不安を感じているでしょう。

せっかく現金を準備できても、カード会社にバレたら大変なことになりそうだからな。疑われない工夫はやはり必要だろう。

そこで今回はカード会社にバレずに穏便に現金を調達したい方へ、クレジットカード現金化がなぜ疑われた(バレる)のか、その仕組みと影響、さらに対処方法まで解説します。

安全にクレジットカード現金化をしたいのであれば必見だよ!

クレジットカード現金化を疑われた?正しい対処方法は・・・

クレジットカード現金化をカード会社に疑われた時の対処方法について解説していきます。

まずは実際に「カード会社にどうやってクレジットカード現金化を疑われた(バレた)」のか、その仕組みから見ていきましょう。

クレジットカード現金化を疑われた?まずは「バレる仕組み」から

クレジットカード現金化はカード決済購入した商品を換金することで、現金を調達する金策のことです。カード会社にはカード利用規約で禁止されています。

よく見ると、カード会社が知りうるのは、利用履歴上で、会員のクレジットカードが加盟店で使われて「何か購入した」というところまでのはずです。

 

実際にその商品が換金されて現金化したというところまでは分からないはずだよな。

クレジットカード現金化はバレないと思うよね。

それでもクレジットカード現金化を疑われる可能性は否定できません。

 

クレジットカード現金化がバレる仕組みにはどうなっているのだろうか。

カード会社にはカード会員の膨大なカード利用履歴を自動的に監視するシステムがあります。これは盗難されたカードの不正利用検知システムがある事からも明らかですよね。

カード会社関係者の話によると、このようなカード取引監視システムによって特定の商品の連続購入など「クレジットカード現金化に至りやすい利用傾向の学習」を行っているとのこと。

この時点で見逃しても、社員の目視による定期査定業務で怪しげなカード取引を見逃さないようにしているようです。

特に・・・

  • カードの利用用途が変わったカード会員
  • 延滞をしたことがあるカード会員

・・・は怪しまれやすく、厳しいチェックが待ち受けています。

このように「購入した」という利用履歴だけでも十分に「クレジットカード現金化」を推定可能であることがわかります。

こうして利用履歴からクレジットカード現金化を割り出して疑われているわけだな。

カード会社にクレジットカード現金化がバレたらどうなる?

クレジットカード現金化はカード利用規約の禁止行為に定められており、カード会社にクレジットカード現金化が疑われると以下のような制裁を受ける可能性が高いです。

  • カード利用断り
  • カード利用停止
  • カード会社の加盟店に当該カードの無効通達
  • 強制退会→残債一括請求

クレジットカード現金化はカード会員のカード利用履歴から推定されますが、あくまでもカード会社の「予想」に過ぎません

企業としても、予想で決断を下してカード会員のカードを止めるようなことはしないはずだ。

「延滞を繰り返す」「迷惑行為を行う」「信用状態が悪い」など、よほどカード会社の心証を損ねない限りは、いきなり利用規約違反に対する制裁措置を与えることはないでしょう。

カード会社は会員に制裁を与える前に「本当にクレジットカード現金化を行ったのか」という確認を行うはずです。そのため、クレジットカード現金化の対処方法は次のように考えられます。

【重要】クレジットカード現金化を疑われた時の対処法

クレジットカード現金化を疑われた場合の対処方法は「正常な取引であった」という証明に限ります。

  • クレジットカード現金化をし始めた月の利用明細をプリントアウトし、利用履歴1つ1つに「なぜ買ったのか(クレジットカード現金化以外の目的で)」という、自然な「購入意図」を用意しておく。
  • カード会社からの連絡にて(または規約違反の通知を受けた場合はこちらから連絡して)、各利用履歴に対して「購入意図」の説明を行う。

カード会社は誘導尋問的に「クレジットカード現金化を行った」という事実を確認してくるので、「クレジットカード現金化」の事実は決して伝えず、購入意図の説明に徹するようにしましょう。

「イベントのために大量購入した」「返礼品として購入した」「会社に頼まれて購入した」などと購入意図を用意する方もいたな。

クレジットカード現金化を“システム的に”疑われないようにする方法

クレジットカード現金化を疑われた時に対処するのでは遅いと考えておきましょう。クレジットカード現金化をするのであれば日頃からカード会社に疑われないような工夫が必要です。

例えば・・・

  • 同一のクレジットカード現金化方法は使わない(1回毎に違う方法を試す)
  • 大量購入したら不自然な商品(同一商品や高額商品)をなるべく連続でカード決済購入しない
  • 商品購入毎(クレジットカード現金化毎)に真っ当な購入意図を用意しておく
  • 延滞はせず、後で必ず返済する(延滞経歴を作らない)
  • クレジットカード現金化業者(クレジットカード現金化サービス)を利用するのであれば「決済代行業者」と提携する業者を利用する

・・・といった対策が考えられます。

クレジットカード現金化は「購入した商品」から「傾向」を割り出されてしまうので、とにかく同じようなクレジットカード現金化方法を連続で行うのは危険と覚えておこう。

また「決済代行業者」と提携した現金化業者であれば履歴上では加盟店の情報が伝わる。もし現金化業者がカード会社にマークされていても代行業者を介していれば安心なのだ。

上記の対策でクレジットカード現金化を疑われないようしておきましょう。

 

疑われないクレジットカード現金化サービスを利用するようにしよう!

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

番外編:クレジットカード現金化が違法で警察に疑われた?後悔は?

クレジットカード現金化を行うにあたり、「カード会社に疑われるリスク」だけではなく、次のようなポイントも気になると思います。まずは違法性の有無から見ていきましょう。

クレジットカード現金化は「違法」?

ネット上では「クレジットカード現金化は違法で見つかり次第逮捕される」と記載するケースも少なくありません。

ところがクレジットカード現金化は違法ではありませんし、警察にクレジットカード現金化を疑われて逮捕されるような心配もありません。

まず、クレジットカード現金化の違法性ですが、ネット上では「カード会社を騙して現金を詐取するから詐欺罪」や「支払いが済むまでカード会社のものだから換金すれば横領罪」などとの記載もありますが、誤りであり、実際に逮捕された例はありません。

詳しくは以下をご覧ください。

また、警察にクレジットカード現金化を疑われて逮捕される心配もありません。

罪に問われないということもありますが、クレジットカード現金化はカード会社と会員の取引上の問題であり、警察機関は「民事不介入」を理由に積極的な捜査を行うことは少ないです。

「日頃から会員のカード利用履歴を警察が監視する」といったことはあり得ませんのでご安心ください。

クレジットカード現金化をして「後悔」したこと【経験談】

クレジットカード現金化をカード会社に疑われてしまったことも後悔の1つに挙げられるでしょう。実際に後悔した経験談があるのか気になるところだとは思います。

以下の記事では実際に後悔した事例について解説していますので必ずチェックしておきましょう。

まとめ

「クレジットカード現金化を疑われた」という方はカード会社に「現金化目的での利用傾向」を察知されたか、あるいは定期査定業務で発覚したか、あるいは延滞や使用状況変化などの原因が考えられます。

いずれにせよ、カード会社側が監視するカードの利用履歴から発覚した事実なので、これからクレジットカード現金化を検討中の方は利用履歴を気に掛けることは重要です。

クレジットカード現金化を疑われることはあるけど、疑われるリスクを避けることができることも分かったと思う。この記事をふりかえって疑われない工夫を施しておこう!

疑われないクレジットカード現金化サービスを利用しよう!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました