【クレジットカード現金化】結局『安全』なの?【検証】

 

この記事ではクレジットカード現金化の安全性について解説しています。

 

みなさんも「クレジットカード現金化」は安全だと思いますか?みなさんはすでに「どんな裏技なのか」までご存知の方も多いことでしょう。

クレジットカード現金化とは、ショッピング利用枠を換金して現金を調達する裏技のことだね。

サラリーマンの給料日前金欠、生活資金の現金支払い、娯楽サービスが現金支払いにのみ対応している場合など、現金が必要になる場面は意外と多いな
そのようなときにクレジットカード現金化を使う。

便利な金策なのでネットを中心に紹介される方法ではありますが、実際に現金化しようとすると、安全性に問題がないか心配かと思います。

そこで今回はクレジットカード現金化の安全性について解説していきます。安全面で心配な方はぜひ最後までご覧くださいませ。

クレジットカード現金化がまだ「安全」な理由

審査も存在せず、年収による制限もないクレジットカード現金化。まだ安全に利用することができるのでしょうか。クレジットカード現金化をする際に気になるポイントを1つずつ検証していきたいと思います。

「現金化サービスが危険?」:業者を選べば安全

現金化サービスとはクレジットカードの現金化を専門としたサービスのことで、カード決済で商品を購入後、即時換金することで現金に換えてくれるオンラインサービスであり、代金は指定口座に振り込まれます。

クレジットカード現金化はサービスを利用して現金化する方法もあるんだ。

このサービスが「危険」「安全ではない」という方は多く、その内容は以下のようなものです。

  • 「取り立てがありそう」
  • 「カード番号など個人情報の不正利用」
  • 「入金されなかった」

1つずつ見ていこう。

「取り立てがありそう」

まず、現金化サービスに「取り立て」はありません。取り立てをするのはいわゆる「闇金融」ですよね。

クレジットカード現金化の仕組みはカードの「買い物利用枠」を換金する行為で、そもそも金融サービスではありません

クレジットカード現金化サービスの場合はカード会社が現金化業者に利用者の代金を立て替えるので、貸金業者に「返済」といった概念はないのですつまり、取り立てられる心配もないというわけですね

「カード番号など個人情報の不正利用」

また、カード番号など個人情報の不正利用については、どのような業態であってもカード決済を利用する上でこのリスクはつきものです。

しかしながら「現金化サービスだから必ずしも個人情報が不正利用される」というわけではありません。

もちろんこういった詐欺は利用後に分かることですので、利用者の口コミを参考にしてきちんと業者を選べばある程度はリスクを回避できると思います

「入金されなかった」

最後に、「入金されなかった」という事例ですが、こちらも「外れ」の現金化業者を選んでしまったためでしょう。

入金されないといっても「指定された時間通りに入金されなかった」「入金自体がされない」のでは意味合いが大きく異なります。

前者の場合、銀行の営業時間(振込反映時間)の都合で、銀行の翌営業開始時刻まで代金が振込まれないということはよくあります。この場合は現金化業者に落ち度はないでしょう。

後者の場合、これは詐欺ですのではずれを引いてしまったパターンですね。

このようにクレジットカード現金化業者には優良業者と悪質業者が存在し、現金化サービスをきちんと選ぶことが大切だゾ。

サービス提供年数の長い「エーキャッシュ」を使えば安全に現金化できるだろう。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

「利用停止になる?」:方法を選べばカードも安全

クレジットカード現金化には「クレジットカードの利用停止リスク」があります。

これはクレジットカード会社がカード現金化を会員規約で禁止しているため、カード会社のカード利用履歴の監視により現金化行為と疑われた場合、カードを止められる、というものです。

現金化行為がなぜ禁止されているかは不明だ。
クレジットカード会社は与信を換金されたり、資金が不足しがちなカード利用者に現金化を利用され、利用代金を踏み倒されたりする恐れがある現金化行為を好ましく思っていないのかもしれないな。

カード会社による利用停止措置は一見防ぎようがなさそうですが、実は利用停止を防ぎ、安全に現金化する方法が存在しています

具体的には高頻度な現金化行為を避けるといったものだね。現金化の頻度が高いほどカード会社に現金化を疑われやすくなるので注意だよ。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

「違法で危険?」:まだ違法ではない

結論から言ってしまえば、クレジットカード現金化の行為自体には違法性がありません。つまり、クレジットカード現金化をする分には逮捕や訴訟の心配はないと考えられるというものです。安全ですね。

しかしこれはあくまでも現状で「おとがめなし」というだけだ。
今後、法律が改正されるなどして現金化行為自体を禁止される可能性もあるだろう。今後の動向は注意深く見守る必要がある。

まだ不安が残る方は、詳しくは以下の記事をご覧ください。

確かに国はクレジットカード現金化に警鐘を鳴らすが…

ネットニュースや行政以外にも、国民生活センターや金融庁など国の機関を中心にクレジットカード現金化について注意喚起がなされています。

2010年前後に現金化に対する警告が各省庁から一斉に出されていたが、近年は「音沙汰なし」だ。2021年現在、特に国からも警告が出されてはいない。

この警告の背景には2000年代に改正された貸金業法があります。

この改正による「総量規制」で、消費者金融から十分な金額を借りれなくなった消費者が、当時まだ新興で規制のない「現金化サービス」になだれ込み、悪徳業者に引っかかった者が増えました。

その因果か、2010年頃に各省庁へのクレジットカード現金化に関する相談件数がいっきに増えており、その結果、2010年前後に各省庁が現金化の危険性について再考し、注意喚起したものと思われます。

その相談の内容も「クレジットカード現金化というサービスをよく知らずに利用してしまい、やっぱり解約したい」「悪質な業者に当たった」というものが多く事前に現金化サービスをよく知らずに使う方がトラブルに遭っていると思われます

つまり、事前に現金化サービスについて理解しておき、優良業者を選べるように工夫しておけば、クレジットカード現金化は金策として安全に利用できます。

2010年当時は現金化サービスも登場したばかりでまだ悪質な業者も多かった頃だと思う。
2010年代には現金化業者の検挙もあり、今は優良な業者が残っていると思われる。

結局はまだ、困ったときの金策として利用できるというわけだな。

まとめ:安全にクレジットカード現金化するためのポイント整理

ここまではクレジットカード現金化の危険性の実態とその安全性について解説してきました。確かに国からの警鐘もありますが匿名掲示板やSNSを確認すると利用者も存在しています。

ところが「絶対に悪」というわけではなく、実際には金策の最後の砦として、リスクが若干あるが追いつめられたときに利用できるだけの安全性はあると言えます。

この記事で紹介した、安全にクレジットカードを現金化するうえで重要なポイントをまとめると以下のようになります。

  • 現金化業者はきちんと選ぶ
  • 現金化業者は利用前に利用経験者の口コミを確認する
  • 高頻度の現金化は控える

3つのポイントを守って安全にクレジットカード現金化をしよう。

現金化サービスを利用したい方で選ぶのが面倒な方は現金化堂をチェック!

現金化堂

「100%ご成約主義」なので、成約するまで、換金率や送金時間を柔軟に調整してくれる優しい業者。ある意味、わがまま言い放題です!
85%換金率保証、初回利用で現金プレゼントは基本、交渉次第はそれ以上の条件を引き出せるという、ありえないクレカ現金化業者。
他のサイトと比較しても面白いかもしれません!
・名前・フリガナ・携帯番号・利用額、の4項目を入力するだけで申し込みは完了!
どこよりも簡単な申し込みが評価されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました