【アマギフ】換金は違法?専門家ライターが解説【法律】

 

この記事ではアマギフ(Amazonギフト券)の換金が違法かどうかについて解説しています。

 

「使わないアマギフは換金してしまいたい」「クレジットカードで購入したアマギフを換金して現金を調達(クレカ現金化)したい」と思っていることだろう!

しかし「アマギフ換金は違法かもしれない」という噂を聞き、真実が気になり、換金を躊躇していると思う。

そこで今回はアマギフの換金が違法かどうかについて、法律とアマギフ換金に詳しい専門家が解説していきたいと思います。

これからアマギフを換金したい方は必見の内容ですのでぜひ最後までお付き合いくださいませ!

アマギフの換金は違法?2つの法律から考える

アマギフの換金が違法なのかどうか「資金決済法」と「古物営業法」の2つの法律をわかりやすく説明しつつ、考えていきます。

アマギフなどの“決済手段”に関係する「資金決済法」では…

資金決済法とは、プリペイドカードなどの「前払式決済手段」に関する法律のことです。

アマギフも前もって残高を購入して使うプリペイドカードですのでこの法律の適用を受けます。

ですがこの資金決済法では一度購入したプリペイドカード(前払式決済手段)の換金(払戻)を原則禁止としています。

5 前払式支払手段発行者は、第一項各号に掲げる場合を除き、その発行する前払式支払手段について、保有者に払戻しをしてはならない。

引用元:e-Gov「資金決済に関する法律」

このように「払戻してはならない」とあるので、通常であれば換金も資金決済法違反となるんだ。

しかしこれはあくまでも「発行者(Amazon側)」の話。アマギフ保有者であるみなさんが勝手に換金する行為に関してはこの法律の適用外なのです。
すなわち、資金決済法でみなさんが裁かれる心配はない、ということになります。

買取・換金に関係する「古物営業法」では…

しかしながら、アマギフの換金にはもう1つの法律がかかわってきます。今度はみなさんも「対象」となりうる法律で「古物営業法」です

古物営業法とは、中古品(古物)の営利目的の売買に関する法律のことだ!

つまり、アマギフを中古品として買取・換金するタイミングでこの法律がかかわってくる、というわけですね。

この法律ではアマギフの換金が違法となりうるケースがあります。例えば「アマギフの換金で利益を得てしまうようなケース」です。

通常、古物営業法では、例えビジネス目的ではなくても、反復継続して利益を得る行為をした時点で「古物商(中古品売買に係る事業者)」とみなされます。

例えばゲーム機を高額転売するような「転売ヤー」も古物商とみなされる。

この古物商は無許可で営めば古物営業法違反となります。

第三条 前条第二項第一号又は第二号に掲げる営業を営もうとする者は、都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けなければならない。

引用元:e-Gov「古物営業法」

この「前条第二項第一号又は第二号に掲げる営業」が「古物商」であり、許可を得て営業しなければならないことが明言されています。

つまり、無許可で中古品の売買で利益を得ようとすればこの古物営業法に引っかかるわけです。

確認するが、これはあくまで「アマギフの換金で利益を得ようとする」ケースだ。通常、アマギフの換金は購入金額未満となることが多く、利益は発生しない

もちろん利益が発生しないようなアマギフの換金行為であればこの古物営業法の対象外となりますので、アマギフを換金する際は欲張って交渉し「利益」が出るような売り方をしないようにしましょう。

アマギフを換金する「クレジットカード現金化」は違法?

アマギフをショッピング枠利用でカード決済購入し、そのアマギフを転売することで現金を調達する「クレジットカード現金化」もありますよね。

この方法でも換金の際はこれまでに紹介した2つの法律が関わってきます。ですが、特に「クレジットカード現金化」をした場合は以下のような法律への抵触が考えられるようです。

  • 『詐欺罪』
  • 『横領罪』

詳しくは以下の記事に譲りますが、詐欺罪・横領罪の成立は現実的ではなく、実際に検挙された例も存在しません

法律の専門家の間でも「立証は不可能ではないが、クレジットカード現金化の刑事責任を問うことは難しい」とされており、現状では問題なくクレジットカード現金化が「裏技」として可能な状況(黙認)とされています。

アマギフの換金は違法・合法問わず、Amazonの規約違反

アマギフの換金は違法・合法を問わず、Amazonの「規約違反」です。以下はアマギフの使い方を定めたAmazonの公式ページからの抜粋です。

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、ギフト券を未承認の商用目的(例えば、再販売または在庫調達)で使用すること、換金することまたは他のアカウントで使用すること、その他Amazonギフト券に関する制限および禁止行為において禁止されている方法により使用することはできません。

引用元:amazon「Amazonギフト券細則」

このように、アマギフの換金行為は明らかに禁止されています。違法かどうか以前に換金行為自体がタブーというわけですね。

なお、アマギフの換金が発覚すると残高が無効になったり、Amazonのアカウントが凍結される可能性があるなどリスクがあります。

ここまでの内容を鑑みるに、アマギフは換金するよりも残高をアカウントに登録し、Amazon上で使い切った方が良い気がするな…。

まとめ:アマギフ換金に代わる新しい現金調達方法

ここまで紹介した内容を整理しましょう。

  • アマギフのセルフ換金は「資金決済法」では問題ない(発行者はアウト)
  • アマギフの換金で利益を出すと「古物営業法」で違法となる可能性あり。これは利益を得ない、通常の買取・換金であればOK
  • アマギフを利用したクレジットカード現金化も違法性なし
  • ただし、アマギフの換金はAmazonの規約違反であり、残高が凍結される恐れあり

このようにアマギフの換金に違法性はないにせよ、換金自体がAmazonの規約違反となり、リスクがあります。

アマギフの残高は換金せずにAmazonで使ってしまうとして、新たに現金を調達する方法として「クレジットカード現金化」を使おう!

自力で現金を調達できるクレジットカード現金化であれば制約はない!

ショッピング枠を換金して現金を調達可能で、利用分は翌月カード利用代金と一緒に支払えばOK

アマギフを換金しなければならないほど現金不足でピンチであれば「クレジットカード現金化サービス」を利用して現金をねん出する方法を試そう。

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました