クレジットカード現金化の「嘘」に注意【騙された経験】

 

この記事ではクレジットカード現金化が嘘かどうかについて解説していきます。

 

クレジットカード現金化と言えば、「融資」や「借金」ができないときにでも、現金を調達できる便利な金策ですよね。

便利なクレジットカード現金化であり、実践のためにネット上で情報を集めたい方も少なくはないでしょう。ただし、ネット上には「嘘」の情報も多いので、騙されないようにしましょう

この記事ではそういったクレジットカード現金化の嘘を解説していくよ!

この記事を読んでおけば騙される心配はなくなる。ぜひ最後までチェックしていってくれ!

クレジットカード現金化の代表的な「嘘」6つに注意

クレジットカード現金化の代表的な「嘘」の一覧は以下のようになります。

  • 嘘1:「換金率80~90%の高換金率です!」
  • 嘘2:「即日入金できます!」
  • 嘘3:「〇〇代男性:優良業者でした。」といった“べた褒め”口コミ
  • 嘘4:簡素な「会社概要」
  • 嘘5:クレジットカード現金化は「違法」
  • 嘘6:クレカ現金化はすべて悪質業者

今回は上記6つのクレジットカード現金化の嘘を詳しく解説していきます。

クレカ現金化の嘘1:「換金率80~90%の高換金率です!」

いわゆる「クレジットカード現金化業者」を使用した時に騙されやすい嘘だな。

初歩的な説明をすると、換金率クレジットカード現金化には「換金率」と呼ばれるレートがあります。

クレジットカード現金化はショッピング利用枠を利用して購入した商品を買取ることで間接的にショッピング利用枠を換金します。この時の買取のレートを換金率または還元率などと呼びます。

現在のクレジットカード現金化業者の主流は購入した商品に現金還元を行う「キャッシュバック式」だが、かつて「買取式」が主流だった。その名残である。

実際にクレジットカード現金化業者を利用した時の換金率は60~80%とされます。ところが、業者側は嘘の換金率を提示して「盛る」ことで、ユーザーの目を引かせることが多いです。

むしろそれがこの業界の「当たり前」かのように、ほぼすべての業者でこうした嘘の買取率・換金率を提示しているんだ。

「HPや宣伝の換金率は目安(最高値)だ」「後から手数料(利用者に請求してはいけない消費税分、決済手数料)などを引いている。」などと言い逃れ、実際の換金率は低くくなる、と説明する業者も。

換金率の嘘への対策

こうした悪質なクレジットカード現金化業者に騙されずに利用したい場合は利用前に電話やメールで連絡をとり、必ず「手数料を差し引いた実際の振込代金はいくらになるのか」と説明を求めましょう

クレジットカード現金化業者に限らず、広告だけでは実際のサービスがわからないことも多い。最大値などとされる換金率も嘘の可能性が高いな。

もしクレジットカード現金化業者の利用を検討しているのであれば、実際の振込代金について問い合わせてみよう!

また、電話連絡の際は従業員の接客態度もよく確認しておくことが大切です。闇金まがいの荒っぽい接客態度であれば取引をすぐに中止することをおすすめします。

クレカ現金化の嘘2:「即日入金できます!」

クレジットカード現金化業者のHPを確認すると「入金までの速さ」を売りにしているケースも多く見られます

クレジットカード現金化業者を利用すると、換金したショッピング利用枠は指定した口座に振り込まれますが、中には「即日入金」と謳い、即金性の高さをアピールする業者も少なくありません。

ところが、こうした速さが売りのクレジットカード現金化業者を利用しても、実際に現金が振り込まれたのは数日後といった例は多いです。

「即日入金」は嘘の可能性もあるので注意しよう。

しかしながら、この入金の遅れに関しては業者だけが原因というわけではありません。

銀行は基本的に営業時間外に振込処理を行うことができませんので、夜や休祝日にクレジットカード現金化サービスを利用しても振込処理が反映されるのは銀行の翌営業開始時刻以降となります。

ただし、近年では「モアタイム」と呼ばれる24時間送金サービスが実現され、これに対応する銀行も増加傾向にあるので、銀行が営業時間外でも即時に振込金額が反映されるケースが増えてきています。

モアタイム導入銀行であるにもかかわらず、振込処理が即時に完了しない場合はクレジットカード現金化業者側に問題があると思われます。

即日入金の嘘への対策

対処方法は「振込を待つ」しかない。振込されない場合は業者に問い合わせて振込について尋ね、業者側が全く応じない場合は国民生活センターに相談しよう。

クレカ現金化の嘘3:「〇〇代男性:優良業者でした。」といった“べた褒め”口コミ

クレジットカード現金化業者を選ぶ際に注目するのはネット上の口コミでしょう。しかしながらこうした「(嘘の)高評価口コミ」に騙された例も存在しています。

クレジットカード現金化業者の口コミを鵜呑みにするのではなく、嘘と疑おう。

ネット上の(特に検索エンジンの検索結果上に表示されるような)口コミは、業者による「やらせ」や「サクラ」で嘘口コミあることも多く、実際の利用に基づいた経験談ではない可能性が高いです。

こうした業者の口コミの特徴として、異様にべた褒めする口コミばかりを取り上げ、マイナス評価や辛口の口コミを取り上げない不公平感が顕著ですね。

広告誘導やステマなどを目的として嘘の口コミをでっち上げるケースは実際に存在しています。

口コミの嘘への対策

口コミは「実際に利用した方」を探して問い合わせた方が良い。

クレジットカード現金化業者の利用者は匿名での投稿を好まない傾向があるためか、5chなどの匿名掲示板を利用するケースも多く、5chの借金掲示板などを利用して探してみることをおすすめするよ!

クレカ現金化の嘘4:簡素な「会社概要」

クレジットカード現金化業者のHPの中には、珍しいですが「会社概要」を確認できるケースがあります。ところが、会社概要欄にも「嘘」が記載されるケースもあります。

例えば・・・

  • 住所が番地まで記載されていない。番地まで記載されていても階数や部屋番号まで記載されていない。→嘘の住所の可能性も
  • 代表者名が嘘(架空の代表者)
  • 連絡先について一切の記載なし、または嘘の連絡先が記載されている
  • 「古物許可番号(買取式の場合、法律上古物許可番号の掲載が義務づけられている)」が記載されていないか、嘘の番号が記載されている

・・・といったものです。たとえ「会社概要欄」があったとしてもすぐに信じてはいけません。

会社概要の嘘への対策

優良なクレジットカード現金化業者を探すコツとして「会社概要が記載されている業者」がありますが、上記の情報の嘘・本当は住所や電話番号をネットでしっかり検索するなどして検証しましょう。

クレカ現金化の嘘5:クレジットカード現金化は「違法」

匿名掲示板やSNS、カード会社系・法律系のWebサイトなどでは「クレジットカード現金化=違法」と記載される例もありますが、クレジットカード現金化にはまだ違法性が認められていませんし、もちろん逮捕例もありません。

違法性を主張する背景には、警鐘を鳴らして利用者が悪質な一部のクレジットカード現金化業者に引っかかり、詐欺など犯罪に巻き込まれることを防ぐ目的があると思われます。

ただし、「詐欺罪」などクレジットカード現金化の違法性を主張すると、通常のカード利用にも違法性が主張できる可能性があり、カード利用に悪影響が及ぶので、簡単に違法とみなせる問題ではありません。

違法性の嘘への対策

クレジットカード現金化行為自体に違法性はないので安心してね。

クレカ現金化の嘘6:クレカ現金化は“すべて”悪質業者

匿名掲示板やカード会社系・法律系Webサイトでは、「クレジットカード現金化業者」は悪質業者と言い切ってしまう方も多いですが、これも誤りです。

何を「悪質」とみなすかにもよりますが「現金が事前に聞いた換金率通りに振り込まれた」「即日で入金された」「一般的な企業が運営するクレジットカード現金化サービスだ」といった場合、必ずしも「悪質」とは言い切れないでしょう。

すべての現金化業者が悪質業者なのではなく、一部の業者が悪質なのであり、利用者に詐欺の取引を持ちかける業者がすべてというわけではありません。

それでも中には悪質業者が存在しているのも事実!しっかりと見極めることが大切だね。

悪質業者の嘘への対策

まとめ:クレジットカード現金化の嘘に騙されずに現金を調達する方法

この記事ではクレジットカード現金化を取り巻く「嘘」について解説してきましたが、こうした嘘にだまされずに現金を調達するためには、面倒くさがらずに一つ一つの情報をネットで調べることも重要です。

この記事をきっかけにして、クレジットカード現金化の嘘にだまされない素養を養っていただければと思います。

優良な「クレジットカード現金化サービス」を使えば大丈夫!

エーキャッシュ

エーキャッシュ安心感は、80%の固定換金率制度。
サイトで入金ベースの換金率を80%と公言し、その通り実行してくれる優良業者です。
そしてエーキャッシュの決済システムも俊逸。
数億円単位の決済の中に「現金化利用分」が紛れ込みますので、利用停止事故0を継続中!
商品の納品もメールなので、非常にお手軽♪
主婦など、家族に内緒の利用では「宅配が届かない」というのは非常に安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました